季節に合わせてお手入れしたい!超簡単なお庭のお手入れ

草取りや庭木の伐採は時期に合わせて作業をしてもらうのが正解

庭を美しくする管理スケジュール~季節に合わせた作業~

自慢の庭は季節の移ろいと共にさまざまな表情を見せてくれます。庭木の表情を美しく保つために、その季節を先取りすることや、時期に合わせた庭作業が必要となります。

庭は管理の手順が大切

草取りを行う場合、季節ごとの雑草の成長サイクルを知ることが大切です。特に冬の期間の雑草は休眠期間に入ります。このような時期を狙って草取りを行うことで、来季の萌出期以降のお手入れがしやすくなります。このように季節に応じた手順を覚えておくことで庭木の管理スケジュールが立てやすくなり、庭木の伐採のために業者を入れるタイミングを伺うことができます

庭のプロが語る最適な管理スケジュール

春から夏にかけては草取りなどの手入れをしっかり行いましょう。(草取り専門業者)

春から夏にかけては草の成長が著しい時期です。植物の植え付けや植え替えには適した時期ですが、それ以前に草取りのメンテナンスが欠かせません。ただし、熱中症などの健康リスクも背中合わせですので、早朝や夕刻の涼しい時間帯に行いましょう。この時期の雑草処理が手に負えなくなった場合、われわれ専門業者に依頼することも一案です。

ガーデニングをするなら秋から冬にかけての草取りも忘れてはいけません。(草取り専門業者)

秋から冬の時期になると、目に見える草は少なくなり手入れの必要がなくなると感じますが、この時期こそ草取りをしっかり行う必要があります。土の中では根が残っており、春まで休眠しています。そのため花の植え替え作業を行う際に、草取りと根絶やし作業を同時に行う必要があります。特に根張りがつよい草類の繁殖防止を考えている方はこの時期に対処しましょう。

庭木の伐採をするタイミング~庭を綺麗に演出するために~

庭木の伐採を行うタイミングを伺うことで、庭を綺麗に保ち、来シーズンの花をしっかり楽しむことができます。

成長しすぎた庭木の伐採

伐採

庭木は毎年新芽を出し、枝を伸ばして大きく育っていきます。そのため電線を邪魔することや隣家に枝が入ってしまうほか、枯葉による近所迷惑も考えられます。また大きくなりすぎることで、自らの手でメンテナンスを兼ねた剪定ができなくなるほか、木自体も弱ってしまう可能性があります。その際には、早めの庭木の伐採をおすすめします。

庭木の伐採方法

自分で行う
ガーデナーの方など自分で庭木の伐採を行う方もいます。背の高い庭木の伐採は転落事故などの危険を伴います。また、新芽の出る枝の見極めができず、来シーズンに花が咲かない・枯れると言った結果も考えられます。木の種類によっては伐採したことによって病害虫に襲われることも考えられますので、専門家による伐採作業をおすすめします。
業者に依頼する
住宅地にある庭木を伐採する場合、送電線にかかる可能性がありますし、伐採後の木の処分に困ることも考えられます。近所迷惑にならないための庭木のメンテナンスなどノウハウを持った専門業者に依頼することで、高所作業も安全に行ってくれますし、見た目も美しい庭木の伐採と剪定を行います。もちろん伐採後の草木の処分も請け負ってくれるので安心です。
TOPボタン